FC2ブログ

平成24年の近況報告

平成24年の近況報告

平成24年7月7日

第29期の瞑想会が終了致しました。
今回は、参加者が少なく、2回目以上の方を合わせ5人程度でした。



平成24年7月29日(日曜日
★中区別院のご本尊開眼法要★


広島市中区舟入幸町22-7の中区別院のご本尊(観世音菩薩)の開眼を
7月29日(日曜日)午後1時30分から行われました。

多くの方々が準備等をして頂、感謝しております。



開眼した聖観世音菩薩様です。
今後は、中区別院の観音様は皆様の願い事をお聴き下さり、叶えてさださる事でしょう。
是非お参りください。



法要の後、住職である奥田僧正より、観音様のいわれの法話がありました。
開眼法要は、度々有る行事では有りませんので、多くの方々の参拝が有りました。
有り難う御座いました。



平成24年9月10日(月曜日
★大覚寺本山にて教師研修会★


年に2回開催される、本山での大覚寺派全教師(僧侶)の研修会があり、私も参加致しました。

平成24年9月15日(土曜日
★瞑想の回 30期・31期終了★
8月22日~9月12日迄の30期と8月25日~9月15日迄の31期の瞑想の回が、終了致しました。
30期は少数で、寂しい会となりましたが、31期は多数の方々が参加下さり、かなり熱心に修得される方が多くありました。
最近は、男性の方も増えてきました。
最近の受講者の方は、自宅でも瞑想を行い、自分のこころの育成や鍛錬に励まれておられるたかが、増えつつあります。うれしい事です。
今後過ごしやすくなり、次回は多少増えるかと思います。
10月6日から、瞑想の会の内容より上級の阿字観瞑想が始まります。
阿字観瞑想は、真言宗の瞑想法で真言宗の寺院でも行っています。
しかし、広島の寺院では余り開催を聞きません。残念です。
光福寺では、毎月第二日曜日PM1:00より、定期的に瞑想を行う予定にしています。詳しくは行事予定をご覧下さい。


平成24年11月8日~9日(木・金曜日
★声明一流伝授★


声明とは、お経を読むとき、節を付け歌の様に唱える事です。
一流伝授とは、弟子に教えられる程度の、一般より程度の高いものを教えて頂く事です。
私も昨年より習い始め、9回目の勉強会と成りました。習った声明を一人で練習するのは、なかなか難しく苦労しながらの勉強です。
でも、最近は多少づつ解りだし、楽しくも成っています。学院(1年間の僧侶の養成所)にも行っていない私には、色々勉強する事が多く大変です。でも頑張る以外無いので、一生涯勉強と思っています。


平成24年11月28日(水曜日
★江波龍光院の大祭の手伝い★


龍光院では、毎年秋に土砂加持供養の大祭が行われます。
私は、24年間毎年事前の準備や当日大祭の祈願者の祈祷塔のお手伝いに、行っています。
年々信者さんの高齢によりお参りは減っていますが、今年もまだまだ盛大な祭りでした。
先祖供養には良い祭りです。


平成24年12月1日~2日(土・日曜日)
★大本山大覚寺に写経納経参拝★

恒例の本山への団体参拝を、視野教納経を兼ねて参りました。今年は昨年より参加者が増え、7人と成りました。


1日は、本山に着き昼食後本山写経道場の本堂にて、全員で写経を行いました。
その後、本山門跡様に、光福寺の信者の写経95巻を信者代表の古谷様が、奉納致しました。当日は本山の写経日でもあり、本堂一杯の写経者で賑わいさすが写経寺だと感じました。



夜は、本山の宿坊に泊まり、他では食べれない鉄鉢料理を堪能しました。皆さん珍しいと喜んでもらえました。



2日は、嵯峨野の竹林や付近の寺院を探索し、昼食をとり買い物等をし帰路に着きました。
何ら事故やトラブルも無く、無事帰宅でき、楽しい団参と成りました。これも全て観音様の御陰と感謝しでおります。 

来年は、四国八十八所参拝をしたいとの意見も出ております。


<目次>

光福寺について
光福寺の由来
名前の由来
ご本尊
光福寺の果たす役割(目的)

kouhuku2.jpg  

瞑想の会
写経の会
お悩み相談
祈願(商売繁盛・家内繁栄・願い事)
厄除け・お祓い
供養(回忌・先祖・水子・星・施餓鬼)
各種占い
近況報告

toiawase2.gif